option
My Daypo

Test _2021

COMMENTS STADISTICS RECORDS
TAKE THE TEST
Title of test:
Test _2021

Description:
Test_2021

Author:
thtvp
(Other tests from this author)

Creation Date:
22/09/2022

Category:
Others

Number of questions: 100
Share the Test:
Facebook
Twitter
Whatsapp
Share the Test:
Facebook
Twitter
Whatsapp
Last comments
No comments about this test.
Content:
新しい活動タイプを登録していて、原価センタの計画活動価格を更新する必 要があります。活動タイプマスタレコードでは次のうちどの属性を設定する必要が ありますか。 (3つ選択) 価格フラグ 活動タイプカテゴリ 会社コード COバージョン 有効な原価センタカテゴリ.
時間基準の項目を使用して次のどのマスタデータオブジェクトを設定できますか。 (2つ選択) 原価要素 原価センタ 統計キー数値 活動タイプ.
統計キー数値を入力できるオブジェクトはどれですか。 (3つ選択) 機能領域 利益センタ 原価要素 原価センタ 内部指図.
SAP S/4HANA では原価がどのように記録されますか。 (2つ選択) 原価要素として登録することで、すべての一次原価と二次原価が記録される。 一次原価と二次原価が G/L勘定で記録される。 一次原価のみが G/L勘定で記録される。 二次原価は二次原価要素として記録されるが、G/L勘定としては記録されない。.
管理会計でマニュアル原価配分を使用する理由は何ですか。(2つ選択) 計画データの単純配分を実行するため 二次転記を修正するため 実績データの単純配分を実行するため 配分周期を使用して原価を配分するため.
定期的な原価変動を回避する必要があります。不定期に発生する費用を関連期間または会計年度全体に配分するためには、管理会計のどのアクティビティを選択すればよいですか。 利用可能予算管理 定期再転記 付加原価計算 間接活動配分.
間接活動配分を実行しています。センダとレシーバには何を転記しますか。 数量と原価をセンダとレシーバの両方に転記する。 数量と原価の両方をセンダに転記し、原価のみをレシーバに転記する。 数量と原価の両方をレシーバに転記し、原価のみをセンダに転記する。 原価のみをセンダとレシーバの両方に転記する。.
原価センタのマスタデータには、次のどのロック管理区分がありますか。(2つ選択) 二次原価の計画 活動価格の記録 実績収益の転記 一次原価の予算.
類似した原価センタに対して同じ属性を割り当てるには、原価センタのマスタデータで次のどの設定を使用しますか。 利益センタ 原価センタカテゴリ 原価センタグループ 標準階層ノード.
管理会計での配賦周期に固有の属性/特性は次のどれですか。(2つ選択) 内部原価のみが配分される。 配分中に二次原価要素を使用する。 一次原価と二次原価を配分する。 配分中に元原価要素を使用する。.
管理会計ではどのように番号範囲間隔を更新しますか。 業務トランザクション別 伝票タイプ別 会社コード別 クライアント別.
1つの原価センタから別の原価センタに対して一次原価と二次原価を配分しようとしています。次のどの配分方法を使用しますか。 付替 決済 定期再転記 配賦.
SAP S/4HANA システムで、原価センタとプロジェクトに対する新しい未確定債務ソリューションを設定します。どの伝票により予算に対しての未確定債務を登録できますか。 直接資本化による自動車購入の購買発注 事務用品購入の購買依頼 生産品目在庫への入庫 プロジェクト関連経費に対する請求書.
SAP S/4HANA で直接内部活動配分を設定しています。活動の有効レシーバは次のどれですか。 (3つ選択) G/L 勘定 利益センタ 内部指図 WBS要素 受注明細.
単一の原価センタの標準階層を最も的確に説明しているのは、次のどの文ですか。 管理領域内のすべての原価センタが割り当てられている構造。 すべての管理領域のすべての原価センタが割り当てられている構造。 管理領域に対して登録されたすべての原価センタグループが割り当てられている構造。 すべての会社コードのすべての原価センタが割り当てられている場合にのみ保存できる構造。.
会社の原価センタを登録する必要があります。間接費管理の組織構造を構築するための前提条件は何ですか。 機能領域 標準階層の最上位ノー ド 原価センタカテゴリ 原価センタタイプ.
原価センタに活動タイプを割り当てます。このトランザクションで、他に何を決定できますか。 原価要素 統計キー数値 活動依存原価 活動消費量.
あなたの会社は、原価センタ予算管理の導入を検討しています。原価センタ予算管理で利用できる機能はどれですか。 (2つ選択) CSV ファイルでの予算額インポート 翌会計年度への未消化予算繰越 月次予算額に対する利用可能予算管理 元原価センタから複数の対象原価センタへの予算振替.
内部指図計画の主な特徴は何ですか。 (2つ選択) 複数のバージョンを計画できる 。 計画超過費用の許容限度を定義できる 。 計画値に対して利用可能予算管理チェックを実行できる 。 原価と収益を入力できる 。.
決済プロファイルでは何を設定できますか。 (2つ選択) 決済が必要かどうかの判断 間接費キーの決定 伝票管理パラメータの定義 決済伝票の番号範囲の定義.
原価要素カテゴリ 21(内部決済)の原価要素を使用する場合、次のどの対象に対して内部指図を決済できますか。 (3つ選択) ネットワーク G/L 勘定 資産 WBS要素 受注明細.
次のどのオブジェクトを収益の決済レシーバとして設定できますか。 (2つ選択) G/L勘定 品目 ネットワーク 受注 .
指図タイプを定義するときには、次のどのパラメータを設定できますか。(2つ選択) 伝票タイプの定義 ソース構造の定義 マスタレコード項目のデフォルトパラメータの定義 収益転記の許可.
ステータスプロファイルでルールを定義し、そのプロファイルを内部指図タイプに割り当てます。ステータスプロファイルの使用目的は何ですか。(3つ選択) COパートナ更新を有効化する ユーザステータスを定義する 初期ステータスを登録済またはリリース済に設定する 指図対象のユーザを定義する 特定の取引を許可または禁止する.
統計内部指図を使用して何を実行できますか。 製造指図への同時転記 実内部指図への原価決済 指図からの帰属 CO-PA セグメントの誘導 原価センタヘの同時転記.
内部指図決済で使用される原価要素はどこで定義しますか。 配分構造 元構造 決済プロファイル 決済規則.
内部指図で未確定債務管理を使用することを検討しています。未確定債務管理をどこで有効化する必要がありますか。(2つ選択) 管理領域 個別の内部指図マスタデータ バージョン 指図タイプ.
既存の標準原価見積の数量構成に基づいて、新しい標準原価見積を登録する必要があります。次のどのオブジェクトを使用しますか。 原価計算タイプ 参照バリアント 転送管理 原価計算バージョン.
原価構成レイアウトを更新する必要があります。原価構成ごとに何を決定できますか。 (3つ選択) 原価構成が在庫評価に関連するかどうか 原価構成が製造原価に関連するかどうか 原価構成が結果分析に関連するかどうか 原価計算表での間接費の計算基準に対する原価構成の割当 原価構成グループに対する原価構成の割当.
製造指図の指図タイプに原価計算バリアントを割り当てる理由は何ですか。 予定原価見積のため 資材所要量計画のため 能力計画のため 簡易原価計画のため.
原価計算バリアントの原価計算タイプによって次のどのパラメータが制御されますか。 (2つ選択) 品目の価格 日付をキーに含めて保存 原価計算表 価格更新.
原価計算表で間接費をどのように定義できますか。 (2つ選択) 比率(%)として 固定値として 等価係数として 数量基準の追加料金として.
数量構成なしのマルチレベル品目原価見積を登録するには、何が必要ですか。 (2つ選択) 原価計算ビューがある品目マスタ 転送管理 原価計算バリアント 基本計画対象.
原価計算表は次のどのオブジェクトに割り当てますか。 原価計算バリアント 間接費グループ 評価バリアント 原価構成レイアウト.
原価を一次原価構成に分割するプロセスはどれですか。 (2つ選択) 原価センタ/活動タイプ価格計算 ビジネスプロセス価格計算 配賦周期の実行 内部指図の決済.
作業手順のどの作業を製品原価計算で考慮するのかを決定する必要があります。これはどのようにして決定しますか。(2つ選択) 作業手順ヘッダで用途キーを定義する 作業の作業区に原価センタを割り当てる 作業の原価計算関連フラグをマークする 作業に割り当てられた管理キーの原価フラグをマークする.
単一の原価積上実行によって次のどのシナリオをカバーできますか。(2つ選択) 1つのプラントにおける製品原価コレクタ原価見積 1つのプラントにおける全品目の在庫原価見積 すべての管理領域内にある全品目の現在原価見積 1つの管理領域のすべてのプラントにおける全品目の標準原価見積.
製品原価管理の実施中に、テンプレートを使用して間接費を管理します。どのようにしてテンプレートを品目に割り当てますか。 間接費グループと間接費キーを使用する 原価計算キーと間接費キーを使用する 発生源グループと間接費グループを使用する 原価構成グループと間接費グループを使用する.
開発中の新製品に対して原価見積を登録しようとしています。この製品に対して、品目マスタ、部品表/配合表、作業手順は更新されません。次のどの原価計算方法を使用する必要がありますか。 数量構成ありの原価見積 原価積上実行 個別計画 数量構成なしの原価見積.
活動基準原価計算のテンプレートでは、次のどのオブジェクトを選択できますか。 (2つ選択) WBS要素 業務プロセス 内部指図 原価センタ/活動タイプ.
品目マスタレコードに 3つの予定原価があります。予定原価1、予定原価2、予定原価3 です。これらの予定原価の使用目的は何ですか。 原価見積で品目を評価する 原価見積のリリース時に標準価格を更新する 品目在庫評価を更新する 将来の在庫移動を評価する.
品目の標準原価を更新するために必要なのは、次のどのステップですか。(3つ選択) 原価見積を実行する。 原価見積を実行する。 原価見積をリリースする。 原価見積を変更する。 原価見積をマークする。.
品目マスタの商法評価額項目は、どのタイプの原価見積によって更新されますか。 標準原価見積 改訂標準原価見積 棚卸原価見積 現在原価見積.
原価ベース POC 結果分析とともに受注別製品原価を社内に導入しました。 特定の受注明細の詳細は以下のとおりです。 計画収益 = 3000 ; 計画原価 = 2000 実際収益 = 1200 ; 実際原価 = 1000 結果分析中に、どのようなデータが計算されますか。 収益 = 1500 ; 売上原価 = 1000 ; 収益余剰 = 300 収益 = 1500 ; 売上原価 = 1000 ; 資本化収益(収益生成在庫)= 300 収益 = 1200 ; 売上原価 = 1000 ; 収益余剰 = 200 収益 = 1200 ; 売上原価 = 1000 ; 資本化収益(収益生成在庫)= 200.
受注明細の市場セグメントに対して決済規則を自動生成するための前提条件は何ですか。 (2つ選択) 帰属収益性分析が有効化されていること。 受注明細がプロジェクトに割り当てられていること。 収益性分析 (CO-PA) が有効化されていること。 受注明細が原価対象であること。.
勘定設定カテゴリを通じて何を管理できますか。 (2つ選択) 受注による会計管理 結果分析キー 原価計算バリアント 個別受注在庫.
製品原価コレクタに対して次のどのデフォルト値を設定できますか。(2つ選択) 差異バリアント 予定原価見積の原価計算バリアント 結果分析 (RA) バージョン 結果分析 (RA) キー.
連産品の製造指図の決済に使用する割当構造は、どこで指定できますか。 部品表/配合表 決済プロファイル 作業手順 品目マスタ.
SAP S/4HANA で、勘定ベース収益性分析のみを有効化することを決定しました。受注明細の収益と原価を収益性セグメン トに対して決済するものとします。何を設定する必要がありますか。 配分構造 元構造 PA 決済構造 原価構成レイアウト.
製品原価コレクタの決済プロファイルで許可する必要があるレシーバは次のうちどれですか。 指図 品目 WBS 要素 原価センタ.
受注明細レベルで原価が収集される理由を解明しようとしています。設定で何を確認する必要がありますか。 (3つ選択) 勘定設定カテゴリ 所要量タイプ 所要量タイプ 評価バリアント 所要量クラス.
財務会計に対する結果分析を決定する転記ルールを定義するときには、次のどのオブジェク トが必要ですか。 (2つ選択) 結果分析行 ID 結果分析キー 結果分析バージョン 結果分析カテゴリ.
結果分析の評価方法は次のどのレベルで定義しますか。 クライアント 管理領域 プラント 評価エリア.
指図別製品原価プロセスでは、指図ステータスに応じて何が計算されますか。 進捗率(POC)に基づく仕掛品または差異 仕掛品と差異の両方、または差異のみ 実際原価に基づく仕掛品または差異 目標原価に基づく仕掛品または差異.
期間別製品原価を最も的確に説明しているのは、次のどの文ですか。 (2つ選択) 個別の生産ロット別に原価を分析するために使用される。 実績原価に基づく仕掛品(WIP)を分析するために使用される。 管理会計の目的が安定的かつ継続的な製造プロセスであるときに使用さ れる。 製品原価コレクタとともに使用される。.
所要量タイプは品目マスタデータからどのようにして導出されますか。 (2つ選択) MRP グループ -> 方針グループ -> 計画方針 -> 所要量タイプ 方針グループ -> 計画方針 -> 所要量タイプ 方針グループ -> 計画方針 -> 所要量クラス -> 所要量タイプ MRP グループの所要量クラス -> 計画方針 -> 所要量タイプ.
製品原価コレクタを登録するには何が必要ですか。 品目タイプ 活動タイプ 指図タイプ MRPタイプ .
収益ベース結果分析とともに受注別製品原価を社内に導入しました。特定の 受注明細の詳細は以下のとおりです。 計画収益 = 3000 ; 計画原価 = 2000 実際収益 = 1200 ; 実際原価 = 1000 結果分析中に、どのようなデータが計算されますか。 収益 = 1200 ; 売上原価 = 800 ;引当金 = 200 収益 = 1200 ; 売上原価 = 1000 ; 引当金 = 200 収益 = 1200 ; 売上原価 = 1000 ; 仕掛品 = 200 収益 = 1200 ; 売上原価 = 800 ; 仕掛品 = 200.
期間別製品原価で仕掛品計算を有効化します。何を設定する必要がありますか。 収益性分析(PA)決済構造 決済プロファイル 評価バリアント 差異バリアント.
指図別製品原価を最も的確に説明しているのは、次のどの文ですか。 (2つ選択) 個別生産ロット別または個別数量別の管理会計が必要である場合に使用される。 製造時間が長い製品に推奨される。 すべての原価を追跡する必要がある場合に使用される。 繰返生産を実施するときに使用される。.
期間別製品原価による製造指図を使用しているときに、結果分析キーおよび差異キーを入力しました。期間別製品原価における差異の計算時に必要な要素はどれですか。 (3つ選択) 実際原価 計画原価 目標原価 納入品金額 仕掛品.
SAP S/4HANA では、利益センタ配分を次のどのモジュールで処理しますか。 原価センタ会計 総勘定元帳 勘定ベース収益性分析 製品原価管理.
受注登録中にデフォルト利益センタを決定するのに、何を使用できますか。 (2つ選択) 品目マスタにおける利益センタ割当 受注の代入 自動勘定割当 原価要素マスタレコー ドからの初期勘定割当.
新しい利益センタを登録します。デフォルトで割り当てられる会社コードはどれですか。 利益センタレベルで完全な貸借対照表が有効化されているすべての会社コード 管理領域内のすべての会社コード 利益センタ評価が有効化されているすべての会社コード セグメントレポートがあるすべての会社コード.
製品を販売するとき、次のどの組み合わせが受注明細でのデフォルト利益センタになりますか。 プラントと品目 流通チャネルと品目 販売組織と品目 製品部門と品目.
受注管理を使用して、受注に対する請求伝票を転記します。利益センタ会計へのデータフローは次のどれですか。 (2つ選択) 受注数量 売上控除 支払割引 収益.
SAP S/4HANA における利益センタ会計の主要な特性は何ですか。(2つ選択) ユニバーサルジャーナルに統合されている。 設定でセグメントから利益センタを導出できる。 期間会計および/または売上原価会計とともに使用できる。 内部指図の決済規則で使用できる 。.
マージン分析に対する分析対象の構造は次のどのレベルで定義しますか。 管理領域レベル クライアントレベル 会社レベル 元帳レベル.
自社で、3 つの異なる運用勘定コード表に 5 つの会社コードが割り当てられています。分析対象と管理領域の関係を設定する最適な方法はどれですか。 1 つの分析対象、3 つの管理領域 1 つの分析対象、5 つの管理領域 3 つの分析対象、3 つの管理領域 1 つの分析対象、1 つの管理領域.
次のどのタイプの収益性分析によって、出庫時のみの売上原価が更新されますか。 原価ベース マージン分析および原価ベース 統合収益性分析 マージン分析.
受注伝票から勘定ベース収益性分析に価額を取り込むには、何を設定する必要がありますか。 タイプ "P 予測および未確定債務" の追加元帳 複数評価元帳 "予測" 専用の新しい標準 G/L 元帳 タイプ "S シミュレーション" の追加元帳.
製品原価管理(CO-PC)で計算された製造差異を原価ベース CO-PAに転送するために、収益性分析(PA)決済構造を定義しようとしています。要件は何ですか。 (2つ選択) 使用されるすべての差異カテゴリが PA決済構造で表される必要がある。 すべての原価要素グループ/差異カテゴリが 1つの値項目に割り当てられる必要がある。 すべての値項目が PA決済構造で表される必要がある。 すべての値項目が 1つの割当明細にリンクされる必要がある.
収益性分析の主要な目的は何ですか。 (2つ選択) 期間会計法に従って標準原価/収益を決定できるようにする。 会社の営業部門が貢献利益目標を達成したかどうかを判断できるようにする 。 責任領域別の財務諸表の詳細レポートを提供する 。 会社の市場セグメントの業績に関する情報を提供する 。.
販売管理の請求から原価ベース収益性分析への金額フローは次のどれですか。 (2つ選択) 差異カテゴリ別の製造差異 "粗利益 2" の金額 原価構成によって分類された売上原価 価格決定表の条件の金額.
会社で原価ベース収益性分析を設定しています。どの設定アクティビティが関連しますか。 (3つ選択) 帰属収益性分析の有効化 集計レベルの設定 特性の定義 条件タイプの値項目への割当 COGS 分類の設定.
原価ベース CO-PAでは、どの伝票を分析できますか。 (2つ選択) 受注伝票 出荷伝票 請求伝票 支払伝票.
SAP S/4HANA では、原価ベース収益性分析レポート用の明細がどのテーブルから選択されますか。 (2つ選択) CE2XXXX CE1XXXX ACDOCA CE3XXXX.
会社の期末処理中に原価を配分するために、収益性分析で配賦周期を実行する必要があります。配賦周期に含まれる可能性があるのは、次のどのオブジェクトですか。 元構造 WBS 要素 トレースファクタ 内部指図.
SAP S/4HANA の収益性分析では、特性値が有効であるかどうかがどのような基準で判断されますか。 特性値をキー数値として定義すること 条件テクニックを使用して特性値を定義すること 項目カタログで特性値を定義すること チェ ックテーブルで特性値を定義すること.
SAP S/4HANA 標準設定を使用して、ユニバーサルジャーナルの明細に対する収益性セグメン トを導出する必要があります。次のどの要件を満たす必要がありますか。 (2つ選択) 勘定ベース収益性分析が有効化されていること。 原価ベース収益性分析が有効化されていること。 対象元帳のタイプが拡張元帳であること。 G/L勘定のタイプが一次原価/収益または二次原価であること。.
原価ベース収益性分析を設定しています。複数の異なる市場セグメントをどのように設定しますか。 キー数値として設定 値項目として設定 製品部門として設定 特性として設定.
収益性管理における売上原価会計法を説明しているのは、次のどの文ですか。 (2つ選択) 利益分析の実施に最適な形式で原価/収益情報を提示する。 商品/サービスの収益を売上問連費用と照合することを目的としている。 特定の組織単位に対する一定期間内の活動と期間原価を集計すること を目的としている。 収益、一次費用、在庫変更、仕掛品、資本化活動を提示する.
収益性分析レポートでの権限チェックのために、ユーザの要件レベルを定義する必要があります。ユーザがすべての対話型ドリルダウン機能を利用できるようにするには、次のどの要件レベルを設定しますか。 3 - すべて 0 - すべて 1 - レベル 1 2 - レベル 2.
既製の標準システム構成では、最大いくつの自由特性を分析対象に追加できますか。 100 150 50 70.
プロジェクトと内部指図向けに利用可能予算管理を使用する予定です。利用可能予算管理を使用して何を確認できますか。 (2つ選択) 期間レベルでの資金の利用可能性を確認 許容限度に従って資金の利用可能性を確認 計画合計値を使用して資金の利用可能性を確認 対象通貨での資金の利用可能性を確認.
内部指図の合計値に対して利用可能予算管理を有効化し、予算合計値として 10000 を入力しました 。前会計年度に実績値 10000 が転記されました。 現会計年度に、この内部指図に対して 1000 の購買発注が登録されたことに気付いて驚きました。これはどのような理由で起こったのでしょうか。 (2つ選択) 購買発注によって予算伝票がまだ生成されていない。 原価要素が利用可能予算管理の対象から除外された。 1000 の誤差は設定で定義された許容範囲内にある。 予算とは異なる年度に購買発注が入力された。.
SAP S/4HANA では、内部振替価格ソリューションをどのようにして設定できますか。 (2つ選択) 評価ごとに別々のセグメントを使用する。 評価ごとに別々の COバージョンを使用する。 評価ごとに別々の元帳を使用する。 各評価の同じ元帳内部で別々の通貨タイプを使用する。.
各評価の同じ元帳内部で別々の通貨タイプを使用する。 管理領域で関連の区分を設定する。 内部指図マスタレコードで関連の区分を設定する。 CO バージョンで関連の区分を設定する。 指図タイプの計画プロファイルで関連の区分を設定する。.
結果分析を使用して次のどの金額を計算できますか。 (3つ選択) 仕掛品 売上総利益 売上原価 製造原価 未実現損失引当金.
次のうちどの状況下で、内部振替価格ソリューションを SAP S/4HANA に導入する必要がありますか。 さまざまな会計原則に従って別々の製造原価を計算するために、パラレル原価計算が必要とされる場合。 さまざまな会計原則に従って別々の製造原価を計算するために、パラレル原価計算が必要とされる場合。 さまざまな会計原則に準拠するために、パラレル会計が必要とされる場合。 同じロジスティクスフローのパラレル評価ビューを、制度会計評価と利益センタ評価との間で区別する必要がある場合。.
管理領域に対して、バージョン 0 のほかに、代替の CO バージョンを登録します。追加の CO バージョンは何の目的に使用しますか。 (2つ選択) 別の計画データを保存するため 別の予算データを保存するため 代替の計画原価実行のデータを保存するため パラレル評価のデータを保存するため.
SAP S/4HANA 組込分析には次のどの説明が当てはまりますか。 (2つ選択) SAP BW/4HANA のニーズに取って代わる。 CDS (Core Data Services) ビューを使用して、レポート用の仮想データモデ ル (VDM )が作成される。 SAP Cloud Platform上でホストされ、Fioriラウンチパッドで SAPS/4HANA とシームレスに統合される。 SAP S/4HANA コアライセンスの一部分であり、同じ技術スタックとユーザインタフェースが使用される。.
収益性分析レポートでは、どのようにしてローカル変数に値を入力できますか。 レポート実行中にユーザが入力する ユーザパラメータから入力する ユーザ Exit を使用する 設定を更新する.
SAP S/4HANA を実装した環境で、単ーデータモデルから分析レポートを実行します。SAP S/4HANA でのレポートを最も的確に説明しているのは、次のどの文ですか。 データに関するレポートは、集計テーブルに対してほぼリアルタイムに使用できる。 データに関するレポートは、すべての詳細レベルでリアルタイムに使用できる。 データに関するレポートは、集計詳細レベルのみでリアルタイムに使用できる。 データに関するレポートは、SAP BW/4HANA と連動する場合にのみリアルタイムに使用できる。.
レポートペインタレポートを作成するときに、どのようにして行を定義できますか。 (2つ選択) 値項目として キー数値として 特性値と して 式として.
原価ベースと勘定ベースの両方の収益性分析におけるレポート対象として、次のどの項目を選択できますか。 管理領域通貨建ての金額 バージョン 原価要素 レコ ードタイプ.
SAP Core Data Services(CDS)ビューの主要な特性は何ですか。 (3つ選択) CDS ビューには遅延時間がない。 CDS ビューには遅延時間がない。 CDS ビューはシステム修正と考えられる。 CDS ビューではレポートの効率化のためにデータが複製される。 CDS ビューには即座に使用可能なコンテンツがある。.
レポートペインタで原価センタ会計レポートを作成しています。選択した原価センタの責任者をレポートのタイトルに追加するものとします。次のどのテキスト変数を使用する必要がありますか。 システム変数 特殊変数 選択パラメータ 一般変数.
レポート用のクエリブラウザを最も的確に説明しているのは、次のどの文ですか。 標準の SAP Fiori コンテンツとして提供される Design Studio アプリ SAP S/4HANA と統合されたデスクトップブラウザ Analysis for Office でレポー トの定義に使用されるフロントエンド SAP S/4HANA の追加ライセンス製品として利用可能.
SAP S/4HANA の自動勘定割当には次のどの説明が当てはまりますか。 (2つ選択) アプリケーションで上書きできる。 チェックと代入よりも優先される。 一次原価タイプの G/L 勘定への転記に対して定義できる。 二次原価タイプの G/L 勘定への転記に対して定義できる。.
Report abuse Terms of use
HOME
CREATE TEST
COMMENTS
STADISTICS
RECORDS
Author's Tests